専門家チーム、自衛隊部隊および2014年に追加

【1面トップ】 〔朝日〕北方領土に経済調査団 日ロ首脳合意 官民で来月中にも 〔毎日〕ドーピングに通報窓口 東京五輪 クリーン強調 JSC・来月 〔読売〕北方領 来月にも調査団 日露首脳合意 「経済活動を発展」 北に自制働きかけ一致 〔日経〕ASEANに円供給枠 2国間協定 金融危機に備え まずインドネシア 中国に対抗 〔産経〕露、福島廃炉に協力 経済活動 北方領土 来月調査団 空路で墓参 6月実施 首相とプーチン氏会談▽首相、米露の橋渡し シリア攻撃めぐり 溝深く 〔東京〕分類変え「テロ」最多に 「共謀罪」対象277犯罪 内訳判明 資料入手▽テロ対策強調の意味合い 【他の1面独自記事】 ◆「女性宮家創設」盛らず 特例法案付帯決議 自公民で調整(朝日) ◆革新機構応札へ 東芝半導体 米KKRと(毎日) ◆受精卵改変 出産禁止へ ゲノム編集 国が新基本方針(読売) ◆TPP11発効「早期に」 麻生氏、米復帰にも自信(日経) ◆武力衝突時 活動は最少 10次隊 道路補修半年で3キロ 南スーダンPKO(東京) 【共通ニュース】 ◆太平洋側で小幅上昇 震度6弱以上 30年内の確率 政府が予測地図 ◆損失隠し590億賠償命令 東京地裁 オリンパス元会長ら8人に ◆与党、維新取り込みへ 法案修正協議 取り調べ可視化焦点 テロ準備罪 ◆二階氏発言 与野党が批判 今村氏辞任 マスコミに「責任転嫁」 ◆高齢者に抗がん剤 効果は?  厚労省 大規模調査で診療基準策定へ ◆クロマグロ漁獲枠突破 太平洋・小型 欧米からの反発必至 ◆無線LANただ乗り無罪 暗号鍵「秘密」該当せず 東京地裁判決 不正アクセスは有罪▽自宅で使用6割 24%暗号化せず ◆学校に保護責任 津波・女児死亡 1審より踏み込む 仙台高裁判決 ◆趙名誉名人1500勝 囲碁、49年かけ史上初 【日経】 ◆東芝巡り損失2000億円超 大手6金融、前期計上 融資は継続へ(1) ◆ポテチ不足に前回の徹底解説自衛隊を読む  日本は地震や洪水など大規模な災害に見舞われることが多く、これに対処するための国内的な準備や対処要領などについて自衛隊は多くの知見を積んできた。  これらの経験を海外で同様の被害にあった国に対して生かそうと、医療活動を中心とする対外的な緊急援助活動を1979年から始めている。 シャネルiphone8ケース  この活動に法的な根拠を与えるとともに人的な活動をさらに充実させるため、1987年には「国際緊急援助隊の派遣に関する法律」が施行された。  この法律に基づき、医療チーム、救助チーム、専門家チーム、自衛隊部隊および2014年に追加設立された感染症対策チーム、以上の5つのチームを編成して海外における自然災害および紛争に起因しない人為的災害に対して、緊急的な援助活動を実施する体制を整備している。 シャネルiphone7ケース  なお、1992年(平成4年)に「国際連合平和協力法」が制定されたことに伴い、紛争に起因する災害は「国際連合平和協力法」に依っている。  自衛隊は「国際緊急援助隊法」に基づき、被災国からの要請内容および被災地域の状況により「医療活動」「輸送活動」「給水活動」を行うこととされており、防衛大臣の命令発令後48時間以内に第1波が出発し、第2波は5日以内に出発することとされている。 ヴィトン iphone7ケース  人員、装備、資材、輸送手段及び派遣期間などは被害状況等により要請国との間で決められた支援内容により決められる。  この法律に基づき、自衛隊は平素から国際緊急援助活動ができる待機の態勢を取っており、自衛隊は同上法制定以降平成27年までの23年間に18件の国際緊急援助活動を実施している。 ルイヴィトンiphone7ケース以下、自衛隊が実施した国際緊急活動の件名と年度を紹介する。  平成10年のホンジュラスのハリケーン災害に対して医療部隊80人による医療支援活動、およびこのための人員や物資空輸のための空輸部隊105人による支援をおよそ4週間にわたり実施した。 シャネルiphone7ケース  これを皮切りに、トルコ地震災害(平成11年)、インド地震災害(平成13年)、イラン地震災害(平成15~16年)、タイ地震津波災害(平成16~17年)、インドネシア地震津波災害およびパキスタン地震災害(平成17年)に対して医療支援および救援物資空輸を実施した。  その後も2度にわたるインドネシア地震災害(平成18年、21年)およびハイチ地震災害(平成22年)、これらに対して医療支援及びこのための医療チームや人員および物資空輸などを実施した。 ヴィトン iphone7ケース  その後も、パキスタンの洪水・水害に対する復旧支援(平成22年)、ニュージーランド地震災害に対する復旧支援(平成23年)、フィリピン台風被害に対する医療活動および救援物資などの空輸(平成25年)、マレーシア航空機事故に対する捜索・救助活動(平成26年)、エボラ出血熱対応に係る個人防護具の空輸(平成26年)、インドネシア航空機事故に対する捜索・救助(平成26年? 27年)、ネパール地震災害に対する医療支援活動(平成27年)などを実施してきた。